薄毛治療を受けて大学生活を充実させよう

薄毛に悩んでいる大学生は大きなコンプレックスを抱えていることでしょう。薄毛が原因で好きな人に告白する勇気が出ないという男性は少なくないはずです。薄毛の悩みを取り除くには、医療機関で薄毛治療を受ける方法が王道です。

ここでは薄毛治療を早く始めたいわけ、一般的な治療内容、薄毛と生活スタイルの関連性などについて説明しています。

大学生が薄毛に悩んでいるならAGAの可能性が大きい

薄毛は中年から始まるものだと漠然と考えている人が多いですが、早ければ20歳くらいから始まります。女性の場合は大学時代から薄毛に悩まされる事例は少ないですが、男性の場合は女性よりはるかに薄毛になるリスクが高いです。

髪は顔の一部を形成しますから、髪がないだけで老けてみられますし、現実的な問題としてモテにくくなります。さらに髪の悩みを持っていると、性格も消極的に傾いていくことが多く、内面的な魅力も消失していく可能性があります。

青春時代を謳歌するためには、なんとしても薄毛を防止しましょう。20歳になれば飲酒や喫煙をする人が増えてきますし、親元を離れて一人暮らしをしている学生なら生活リズムが崩れがちです。こうした習慣は頭皮と髪によくありませんが、生活が乱れているくらいでは髪が劇的に薄くなるのは稀です。

まだ若い大学生で毛髪が極端に少ないという場合、高確率でAGAだと考えてください。男性ホルモンに起因する進行性の薄毛ですから、放置して状況が改善することはありません。医療機関で薄毛治療を受ければ、抜け毛と軟毛化を抑えることができます。

大学生が薄毛治療を始めるタイミングは

頭髪がなんとなく薄いと感じたら、まずは頭皮ケアを見直してみましょう。シャンプーが合わないだけで抜け毛が増えることは多々あります。頭皮に合ったシャンプーを使用しているのに、抜け毛が多いままならば要注意です。

抜け毛は1日50~100本程度はあるものですが、数百本というレベルになると危険です。シャンプーをすると排水口が真っ黒になるという人は、すでに薄毛が始まっているのかもしれません。

大学生はまだ若いこともあり、自分は薄毛にならないと考えている人が多いですが、薄毛にならない根拠はどこにもないのです。

AGAの進行速度が著しい場合、3年くらいで髪の毛が半分未満になる可能性があります。このレベルになると髪型を工夫しなければ薄毛がバレるようになります。風が強いときは外出を控えたくなるなど、日常生活における問題も無視できません。

髪は女の命と言われることが多いですが、これは男性にも言えることです。薄毛治療は髪がスカスカになってから開始するのでは遅すぎます。ちょっとボリュームが減ったと感じるくらいのタイミングで頭皮診断を受けておきましょう。

若いほど薄毛治療による発毛を実感しやすい理由

AGAは遺伝により発症リスクが高くなりますが、具体的な確率は事前に把握することはできません。両親が薄毛であっても自分はフサフサ、また両親はフサフサなのに自分は薄毛になるという事例は少なくないです。ただ一般的な傾向を見れば、体毛が濃いとAGAになる確率が高くなります。

針金を連想するようなチクチクしたヒゲが生えている男性は、頭髪が薄くなりやすいと考えてください。大学生がAGAを自覚するうえでチェックしたい部位は頭頂部と前頭部です。

全体的に薄毛に変化していく場合はAGAの可能性は低いです。側頭部や後頭部は髪がフサフサしているのに、前側から薄くなっている場合はすぐに発毛クリニックで検査を受けましょう。薄毛治療の効果を引き出すには早期発見・治療がポイントになります。

薄毛を1年間放置しておけば、その分だけ髪の毛を失ってしまいます。

髪が抜けないように予防するのは比較的楽ですが、失った髪を取り戻すのは非常に大変です。だからこそ薄毛は放置せず、若いうちから治療を開始する必要があるのです。

治療法は薬物療法がメインに

薄毛治療で何をされるのか不安という大学生は多いようです。最先端治療には頭皮に注射したり、植毛株を移植したりする方法があり、これらは頭皮に傷をつける治療法です。ただ多くの場合は薬物療法で対処できることが多く、外用薬と内服薬で抜け毛予防・発毛を促進していきます。

治療の要は毛母細胞の活性化と脱毛酵素の阻害ですから、治療薬を併用する必要があるのです。毛母細胞を活性化させても、脱毛酵素の分泌が多ければ抜け毛は止められません。一方で脱毛酵素をしっかりと抑制しても、毛母細胞が弱っていれば発毛力は弱くなるのです。

薬物療法の治療費は月額2万円未満のクリニックが多いので、大学生のお小遣いで捻出できるレベルでしょう。初診のときは頭皮チェックがありますが、2回目以降は薬をもらって終わりというクリニックが目立ちます。

薄毛治療においては正しい洗髪、頭皮マッサージなどはあまり重視されません。これらの対策は薄毛予防の観点からはある程度役立ちますが、発毛させるには十分ではないからです。他の薄毛であればセルフケアで対応できることが多いですが、AGAに関しては医療発毛でなければ改善は困難です。

薄毛のコンプレックスは発毛させなければ解消しない

AGAは男性から自信や自尊心を奪ってしまう怖い脱毛症です。髪が十分にあればさまざまなヘアスタイルを楽しめますが、薄毛が進行するとヘアスタイルの自由度が低下していきます。さらに薄くなると帽子で隠す必要性が出てくるなど、生活に支障が出てくるのです。

外を歩くときは帽子を被っていても、室内では取ることになるでしょう。しかしいざ取ろうとしても、汗で蒸れた頭髪は薄毛が強調されています。彼女と泊まりの旅行をするにしても、お風呂に入って洗髪すれば髪が寝てしまいます。

ずっと一緒に行動する以上、薄毛を隠し通すことは難しいわけです。かつらを装着する方法は蒸れを促進し、薄毛を進行させるので根本的な解決はできません。やはり薄毛のコンプレックスを元から断つためには、医療機関で薄毛治療を受ける必要があります。

増毛を希望する大学生もいますが、増毛は医療施術ではありません。人工毛を結び付けて増えたように見せる施術であり、自毛は増えないので注意してください。

大学生がAGAを克服するためには薄毛治療を

大学生によく見られる薄毛はAGAで、進行する性質があるので早めの処置が必要になります。薄毛治療は髪が薄くなったと実感した時点で始めるのがベストです。若いから大丈夫と放置すると、将来的に多くの髪を失います。

現在は薬物療法を中心にした治療法が多く、外用薬と内服薬で脱毛予防・発毛を促進します。薄毛を隠す方法ではコンプレックスは解消しないので、薄毛治療で髪を増やしましょう。